こんにちは。

先日は家庭訪問でした。

この時期になると、先生!家に来るのはやめてくれ~・・・と思ってしまいます^^;

だってうちは築50年以上の木造平屋。

でも、住む環境はとても良いんです。

家の前は広い歩道があり、窓からスーパーと、銀行2社と、小児科が見えます。
徒歩20秒で居酒屋と美容室に行けます。

市内でも一番土地単価の高い場所で、しかもメイン通り沿いなので周りは綺麗なお店や素敵なお家ばかり。

大家さんのお父様が緑を植えるのが好きだったようで、塀の代わりに木を家の周りにぐるっと植えているので、少し放置すると家が見えない。


実家の近所で私も生まれ育った場所なのですが、この家の存在は借りるまで知りませんでした(笑)


家の大家さんは、大手企業のお偉いさん。

家を探していたところ、ちょうど引っ越すから貸してあげるよ~と言われ、高校生の子供さんのいるご家庭のお偉いさんの家=良い家に決まっていると思いこみ、

実際の家を見ずに、貸してもらうことを決めました。

ところが、外観にまずびっくり、入ってみて尚びっくり

風呂場の床は腐っていて、
昔の家によくあるカーペットが敷き詰められている部屋の床はべたつき、じっとり。

襖はすべて破れ、トイレの木のドアは下30㎝ほどない。
畳は全部犬がかきむしっていてボロボロもいいとこ。

壁にはクロスが破れた上からクロスが張られバラバラのボコボコ。

居間は4畳半ほど。塗り壁はぽろぽろ剥がれている。狭い・・・。

キッチン下はカビ臭くてたまらない。


まさかの汚部屋でした。